全国の赤十字病院の看護師募集〜年収は?給料・手当・福利厚生ほか評判情報

 




赤十字病院の看護師募集情報・給与・年収・夜勤手当・福利厚生情報など。看護師が赤十字病院で就職するメリットデメリットほか、中途採用情報や非公開求人の探し方など

 

赤十字病院とは

 

日本赤十字社法に基づく特殊法人であり、名誉総裁が皇后陛下、名誉副総裁が皇太子殿下等の皇族、社長が近衛忠輝氏、支部長は各県知事です(一部例外あり)。全国で92の病院を運営しており、救急医療、がん診療、生活習慣病の予防や介護の支援、災害時における国内外への医療チーム派遣など、さまざまな活動を通じて社会に貢献しています。また、海外での災害・紛争時における救援活動や地震や台風などの災害時における救護活動は、赤十字病院の大きな使命です。

 

赤十字病院で働くメリット

 

赤十字病院は最新の医療技術・機器を導入したり、治験・新薬の開発といった最新治療にも力を入れている病院です。常に最新の知識や技術を身に付けることができ、時には海外や全国各地に派遣されて社会貢献に携われ、確実にキャリアアップにつなげる経験をすることができます。また、何らかの形で就業を離れたとしても、再就業を支援する復帰プログラムが充実しているという魅力があり、ブランクがあってもスムーズに仕事に付けるというのもメリットの一つ。

 

 

⇒あなたの近くの赤十字病院の年収・待遇・募集要項を調べる

 

 

赤十字病院で働くデメリット

 

日本赤十字病院は「公的病院」と位置づけされる場合もありますが、国や都道府県からは独立した組織のため、赤十字病院で働いても公務員にはなれません。ほぼ一般的な病院と待遇も変わりはないです。

 

<病院ホームページやハローワーク求人票だけで決めちゃダメ>

 

残業時間の実態・有給休暇の消化率・育休・産休の取得率
離職率・夜勤体制・託児所の質・病児保育の有無、看護部長の性格・看護観
何歳くらいが主流の職場か?人間関係・職場の雰囲気などは病院ホームページ、ハローワーク、求人票だけではわかりません。

 

 

赤十字病院の転職は履歴書と面接対応が重要

 

基本的に募集は定期的に行われています。各赤十字病院のホームページや転職サイトでチェックしてみて下さい。流れとしては書類選考と面接というところが多く、筆記試験を課すところはありません。そこで、履歴書と面接の準備には力を入れるようにしてください。

 

 

 

 

⇒悩まなくても大丈夫!転職の専門家の履歴書・面接アドバイスを受けるには?

 

 

⇒最新の赤十字病院の中途採用募集(非公開も含む)を知るには?

 

 

 

 

 

<よく読まれている記事>

 

⇒病院ホームページやハローページではわからない非公開の看護師求人を見るには?

 

 

更新履歴